ITプロジェクト事例

HOME > ITプロジェクト事例 > お客様の声「株式会社ベルーナ様」

流通基幹システムのリプレースプロジェクト管理の支援(自社システムから汎用パッケージへ)

――今回の流通システムのパッケージ適用プロジェクトについて、いくつかお伺いいたしますがよろしくお願いします。
では、まずはじめに この度、株式会社プライム・ブレインズ(以後 PB社)のITプロジェクトマネジメント代行サービスを利用することになったきっかけを教えていただけますでしょうか?

浅沼氏:もともと卸売業の子会社であるフレンドリーではオフコンでの自社開発の基幹システムについて社員1名体制で保守を行っておりました。古いインフラであることや、保守体制の脆弱性による事業継続性のリスクから、A社のパッケージを大手メーカー系SIerであるB社の請負により導入することに決定しました。プロジェクトは利用部門であるフレンドリーのPMのもとベルーナのシステム部がPMOとしてコントロールするつもりでした。

ただ、業務に合わせていつでも機能追加・改修を行える自社専用システムを手放すこととなる為、ユーザのモチベーションを維持しつつ、プロジェクトのコントロールを行うことは困難が伴うと予想されていました。

そこで、第三者的視点でのサポートが必要と判断し、委託先を検討していたところ、PB社の代表の五反田氏と当社の社長がとある交流会にて出会う機会がありまして、内容を相談してみました。
とても丁寧に対応頂き、またITプロジェクトの成功に対する熱意が伝わってきた為、今回の件にマッチングするのではと考えた次第です。

――なるほど、そうしてPB社の斉藤さんがPMOとしてプロジェクトに参入したんですね。

浅沼氏:はい。当社の小島・帖佐とともにPMOチームを構成しました。まずはA社及びB社と当社側(ベルーナ及びフレンドリー:編集者注)で担当範囲の認識にギャップが生じていた状態でした。PB社の斉藤さんはプロジェクトを正確に理解した上で、タスクの整理と役割分担を行い、いち早く課題を発見し解決策を提案していただきました。

帖佐氏:PB社の斉藤さんは、現場のユーザからヒアリングを丁寧に行っていたのが印象的でした。
そのおかげでユーザからの信頼を築きつつも、ユーザの意見に流されずパッケージを前提としてプロジェクトを円滑に進めることができました。また、PMOの役割を果たす傍ら、業務面のサポートまで行っていただきました。具体的には、カスタマイズ開発の仕様とその業務への効果をユーザに分かりやすい様かみ砕いて説明していただいたり、ITプロジェクトの経験の浅いユーザをサポートしてテストケース作成を推進していただいたりしました。PMOとしてプロジェクト体制の弱いポイントを補うことができたことが、プロジェクト成功への大きな要因となったと考えています。

――新システムへの移行の際はどのような状況でしたか?

浅沼氏: それがですね。。。現行システムのドキュメントがなかったこともあり、結果としてA社提示の移行設計の記載レベル不足と、これに伴って多くの移行データの不備が発生し品質判断が思うように行えずテストが遅延してしまったんです。
また、PMOチームは総合テストを進めるにあたり、ユーザ側に張り付く状況となってしまいました。

小島氏: 総合テスト・切り替えの計画が十分ではなく、フレンドリーとB社の認識の違いが噴き出している状態でした。
そこで、B社がシステム観点のタスクを拾って柔軟に対応してくださいました。我々としても追加で移行リハーサルを行うという手は打ちましたが、切り替えに伴う業務制限の検討など業務視点のタスクが多数あり、発生する課題の対応に追われていました。

――それでは、そのような状況に対して、どの様に対応されたのでしょうか?

浅沼氏: 問題が発覚した直後、PB社社長の五反田さんより直接連絡があり現状報告及び今後の施策のご提案がありました。
リリースに向け、テスト推進のペースを落とさずに課題を確実に消化し推進するには、一時的にPMO要員追加が必要であるということ、対策する上で必要となる要員追加に対する費用はできるだけ予算内になるよう配慮していただけるとのご提案でした。 早急に工数や人数を調整し増員対応していただいたおかげで、最後の追い込みは気合と根性で成し遂げて、全員で結果を出すことができました。

――詳しくお聞かせいただきありがとうございます。最後の質問となりますが、今回のPB社との案件についての率直なご意見やご感想をお聞かせください。

浅沼氏: 今回、初めての依頼でしたが、システムの導入だけでなく業務としての着地までを含めて責任を持って対応してくれました。
また、定期的な報告はもちろん契約関連や設計書、品質に対しての細やかな指摘をその都度していただけました。
現場やメンバーとのコミュニケーションによる信頼関係の築き方、
また常に前向きな対応が非常に印象的でした。
最初にお話を伺っていた通り、PB社は単なる人の派遣(PMOの派遣:編集者注)ではなくプロジェクトの目標達成までを責任を持って対応していただき、非常に満足しています。

帖佐氏:プロジェクト立ち上げ時は、「パッケージを提供するA社B社と、利用する側(ベルーナ及びフレンドリー:編集者注)以外の第三者が必要なのか?」というようなユーザからの声もありましたが、PB社の斉藤さんがユーザと地道にコミュニケーションを取ったことで「PBさんが居てくれると安心。第三者の意味が分かった。」と、ユーザの声も変わっていきました。 様々な場面で常に前向きに提案してくださり、そういった意味でも頼れるパートナーに出会えたなと思いました。PMOの立場としても、本当に心強く感じました。

――本日は貴重なお時間をいただきありがとうございました。

企業情報
株式会社ベルーナ
ベルーナは、「お客様の生活と幸せの向上に貢献する」という理念の下、 衣食住遊を豊かにするビジネスを展開してまいります。

ページトップへ

page top

copyright