ITプロジェクト支援

HOME > ITプロジェクト支援

ITプロジェクト支援

ユーザ企業の情報システム部門等と同じ立場からITプロジェクトを支援・代行いたします

ITプロジェクトの推進力

ITプロジェクトを推進させるエンジンとなる

新しい技術を採用する場合、技術そのものを知っていれば本番システムに適用できるシステムが構築できるというものではなく、実際には、設計ドキュメントの構成やリリース方式・ルールなど、設計・開発以外のマネジメントが必要になります。ただし、これらのマネジメントはベンダー側の観点で組み立てられていることが多く、その場合、ユーザ企業として守らなければならない観点はなおざりにされています。しかし、余程大手の企業でない限り、複雑度の高いプロジェクトのマネジメントには主たる業務として要員を確保できないというのが実情なのではありませんでしょうか。情報システム構築およびそのマネジメントの専門家の視点を持ち、お客様の目線で、お客様に代わって情報システム構築プロジェクトの立ち上げから、開発工程のベンダー選定や進捗・品質管理を請け負います。

お客様の目線でお客様に代わってプロジェクトを遂行

ページトップへ

プライム・ブレインズが技術者であり続ける理由

お客様になり代わってITプロジェクトの管理を行うために、私たちが大事にしていることは「技術者でありつづける」ということです。ITプロジェクトマネージャであってもそれまで技術者であった人が、マネージャになると共に技術力向上に向けた努力を止めてしまうケースも多いようです。ITプロジェクトの管理の現場において、技術者でなくなったマネージャは正しい判断ができるのでしょうか。私たちプライム・ブレインズは対象となる情報システムの技術的背景や業界要件を担当者任せにはせず、いざとなれば自ら手を下して作り上げられるだけの背景(技術力と読解力)をもって、プロジェクトの管理に取り組みます。

現場に対して正しい判断を下す「技術力」と「読解力」

ページトップへ

プロジェクト・コミュニケーションのハブとなる

  • ● プロジェクト体制にマッチした会議体系を確立する
  • ● 要件を明確化し開発体制へ確実に連携する
  • ● 関係者間の的確な連絡体制(課題管理・変更管理)を確立する
  • ● 会議を記録し、記録の承認を行い、発生したアクションを漏れなく実施する
  • ● プロジェクト状況の把握とプロジェクトオーナーへの報告および対策協議を行う

ITプロジェクトでは往々にして、上記のようなコミュニケーションスキームの確立はおろそかになりがちであり、社内品質管理規定やフレームワークがあったとしても、そのルール通りに適用されていないという状況も散見されます。プロジェクトの状況に応じたプロジェクトコミュニケーションのスキーム作りをお手伝いすると共に、実際にITプロジェクトの中で技術および管理の専門家としてコミュニケーションのハブとなる、これが、プロジェクト管理を行う上で私たちがお客様にご提供できる大きな価値であると考えています。

ハブとなるプライムブレインズ

プライム・ブレインズが果たす役割

マネジメントを中心に全領域・全工程でITプロジェクトの成功に貢献

ユーザ企業の方でも、情報システム構築プロジェクトに関わったことがある方はご承知のことと思われますが、情報システムの構築は様々な領域、工程から成り立っています。(図:『◆ITプロジェクトにおけるプライム・ブレインズの支援領域・工程』参照)

これらの領域、工程はユーザ企業様、ITベンダー様で役割分担しており、一般的にはその全体をカバーした形での推進役はいないのが現状でしょう。

そこで私たちプライム・ブレインズは、ITベンダーのシステム構築力、マネジメントカに加えて、ユーザ企業の視点を合わせることで、『ITプロジェクト全体を視野にプロジェクトを推進するサービス』をユーザ企業様に提供することを目的に創業しました。これに加えて現在は、ITベンダー様に対しても、プロジェクトマネジメントを中心に幅広い支援を実施しています。(図:『◆プライム・ブレインズの業務内容』参照)

ページトップへ

page top

copyright