コンテンツ

上流工程における企業が抱える課題

HOME > コンテンツ > 上流工程における企業が抱える課題

元を質せば、多くの問題は上流工程にある!?

当社がこれまで接点を持った多くのユーザ企業様からお聞きしたり、実際にプロジェクトに参画して感じるITプロジェクトに関する課題や問題意識は、表面的には開発フェーズ以降の問題として捉えられているものであっても、その多くは、元を質せば要件定義フェーズに代表される上流工程に根本原因があることが多々あります。

例えば、要件定義終了段階でプロジェクト完了までの見積やその後のランニングコストの見積を行いますが、その前提としてシステム機能の欠落や、業務的な観点での大きな見落としがあった場合、その見積と実際のコストとの間には大きなかい離が発生します。つまり、これが原因でコスト・期間の増大につながっていくのです。『仕様変更コスト』という形で。

それでは、如何にその問題を解消するか、その答えが見つからないまま、多くのプロジェクトは日々コストや期間の増大に苦しんでいるのが現状でしょう。

全く新しいユーザ体験を目指すBtoCシステム等の場合、要件定義段階でプロトタイプを構築して評価するというのも一つの手です。

業務的・機能的な欠落がない様、業務の分析手法を駆使するのも手です。

関連システムとの関係や対象システム内での機能間整合性の欠落がない様、システム分析手法を使うことも、有効でしょう。

それでは、これらの取り組みはユーザ企業様のみで成り立つものでしょうか。確かに要件定義工程はユーザ側の責任で最終確定するものではありますが、開発工程以降を入札にする場合を除き、多くのケースでは開発委託を予定しているITベンダー様を要件定義体制に組み込んでいます。何れの場合においても、ITベンダー様を高度に活用することで、解消できるのではないでしょうか。

ITベンダー様の力を活用するために

多くのITベンダー様では要件定義工程の精度を上げるための取り組みが行われていますが、必ずしもすべてのプロジェクトに有効に適用できているわけではなさそうです。ユーザ企業様としては、如何にそれを引き出していくかという点がポイントになります。

とは言え、ITベンダー様に対して、効果的に要求して有効な提案を引き出せるという点において、イニシアティブをとって進められる方がいないというユーザ企業様が多いということも現実でしょう。

私たちプライム・ブレインズはITベンダー側で多くの開発プロジェクトに携わってきたエンジニア・コンサルタント・プロジェクトマネージャが直接ユーザ企業様をご支援しています。お取引のあるITベンダー様に要求すべきこと、ユーザ企業様内でやるべきことを明確化し、ユーザ企業―ITベンダー間のより良い関係を構築する橋渡しになることをお約束します。

上流工程エンジニアのサポートを必要とされているなら、当社にご連絡ください。豊富な知識と確かな技術を持ったメンバーがユーザ企業様の利益を最優先に考え、プロジェクトを成功に導きます。支援体制はプロジェクトの内容や状況に応じてご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
また、当社では、方式設計や要件定義などの上流工程に携わりたいと考えている転職者の求人も行っております。求人に関するご質問は、お電話かメールよりお気軽にお寄せください。

上流工程のエンジニアを必要としているなら、「株式会社プライム・ブレインズ」へ
会社名 株式会社プライム・ブレインズ
所在地 〒104-0032
東京都中央区八丁堀3丁目22番11号 八重洲第3長岡ビル
電話 03-5542-0520
FAX 03-5542-0521
E-mail info@primebrains.co.jp

page top

copyright